カスタマイズできるバスケユニフォームを低価格、高品質、短納期で作成

  • OFFLIMITS
  • BLOG
  • 冬の汗冷えは吸汗速乾性のあるバスケウェアで改善しよう

冬の汗冷えは吸汗速乾性のあるバスケウェアで改善しよう

汗を拭いている男性

寒さが続く冬では、日によっては風が強かったり、雪が降り続いたりするため、室内競技のバスケでも寒さが身に沁みます。加えて、汗を大量にかくため、汗冷えも発生し、思うように身体を動かすことができなくなってしまうこともあります。今回は、冬の汗冷えとバスケウェアでの改善についてご紹介いたします。


ウェアの重ね着だけでは、汗冷えは改善されない

重ね着だけではダメ

汗が残ったまま冷えることで、身体が冷たくなってしまうため、冬だけでなく、汗冷えは夏にも発生いたします。ウェアを重ね着しただけでは、皮膚の表面に汗が残り続けてしまい、バスケを行っている最中は冷えを感じないかもしれませんが、コートの外にでると、すぐに冷えを感じてしまいます。そのため、ウェアの重ね着だけでは、汗冷えというのは改善されないのです。


汗冷えが発生するとどうなるの?解決策は?

考えている男性

先ほどもお伝えしたように、汗が肌に残ったままの状態が続くことで、表面に残った水分が冷え、体温低下に繋がります。体温を低下させてしまうと、筋肉を強張らせることに繋がり、思わぬ怪我も引き起こしてしまいます。試合で最高のパフォーマンスができるように練習をしている中での怪我は避けたいですよね。解決策としては、ウェア重ね着での保温性だけでなく、直接肌に触れるウェアは吸汗速乾性のある素材にし、汗をかいたらこまめに着替えてみてください。また、冬だけでなく、夏でも体温の低下を防ぐことを意識づけることで、よりよい身体づくりを行っていきましょう。



オフリミッツでは、会員登録無しで無料で3Dシミュレーターもお使いいただけますので、是非お試しください。

昇華プリントゲームウェアの3Dシミュレーターはこちらから→


↓スウェットやプラクティスウェアはこちらから↓
  


「いいね!」ボタンを押すと、

最新情報やキャンペーン情報がすぐに確認できるようになります。

一覧に戻る
PAGE TOP