カスタマイズできるバスケユニフォームを低価格、高品質、短納期で作成

  • OFFLIMITS
  • BLOG
  • バスケのユニホームデザイン★女性編★

バスケのユニホームデザイン★女性編★

バスケのユニホームを作るとき、皆さんはどんなところにこだわりますか?

女性の皆さんの中にはカラーやロゴデザインなど、まずは見た目からデザインされる方も多いかもしれませんね。

ただバスケの大会には「ユニフォーム規程」というものが存在することをご存知でしょうか?今回は規程も含め、ユニホームについて色々ご紹介したいと思います。


注意が必要!ユニホーム本体カラー

バスケの公式戦には、「ユニフォーム規程がありますので、デザインを決める前に一度確認しておきましょう。

皆さんご存知の通り大会に出場する際には、濃色と淡色2種類のユニホームを準備しなければいけませんが、本体カラーに関する規程はご存知でしょうか?


本体カラー「グレー(灰色)」,「シルバー(銀色)」は淡色としても濃色としても認められない。

  • ただし、番号や切り替え、付属などについては、これらの色を用いてもさしつかえない。

淡いグレー=淡色というイメージをお持ちの方も多く、OFF LIMITSにもグレーが使用可能かお問い合わせをいただく事があります。


また「ゴールド(金色)」、「レモン・イエロー(黄色)」のユニホームも注意が必要です。

  • 濃色として用いるときは、相手チームが着用する白色やそのほかの淡色のシャツとはっきりと区別ができる濃い色合いのものでなければならない。
  • 淡色として用いるときは、相手チームが着用する濃色のシャツとはっきりと区別できる淡い色合いのものでなければならない。
つまり対戦相手のユニホームが「ゴールド(金色)」、「レモン。イエロー(黄色)」の場合は着用が出来ないのです。

「レモン・イエロー」は女性に人気のカラーだと思いますので、使用する際は注意してくださいね。


その他にも、番号の色は、シャツの色と対照的な色でなければならない。

  • 番号の色は、縁取りや縫い取りがない番号単独の状態でもはっきりと見える対照的な色のものでなければならない。
などがあります。上記はユニフォーム規程の一部ですので、詳しくは日本バスケットボール協会のユニフォーム規程をご確認ください。

※出場する大会によっても規程が異なりますので、出場する大会主催者の方に確認してください。


女性に人気の本体デザイン

OFF LIMITSの商品で女性に人気のデザインは、やはりラインや切り替えなどに曲線を使っているものが多いようです。また飽きのこないシンプルなデザインも好まれていますね。デザインはシンプルにして、派手なカラー使いにする!というパターンもいいですよね♪


Tシャツ等とユニホームパンツを合わせて活用!

せっかく作ったユニホーム、試合の時しか出番がないのはもったいない!でもパンツなら練習着としても使用できますよね。そこでおすすめの活用法をご紹介したいと思います。トップスにはお手持ちのTシャツやタンクトップを着用、そしてボトムスにユニホームパンツ。こうすることで、着用する機会の少ないユニホームを練習着として活用できます!チームで作ったお揃いTシャツを着てもいいですね。ユニホームと同じデザインのロゴや番号をプリントしたTシャツを着用すれば、セットアップ感のあるコーディネートができますよ。練習着にもこだわりたい女性の方におすすめです♪


オフリミッツでは、会員登録無しで無料で3Dシミュレーターもお使いいただけますので、是非お試しください。

昇華プリントリバーシブルウェアの3Dシミュレーターはこちらから→


↓スウェットやプラクティスウェアはこちらから↓
  


「いいね!」ボタンを押すと、

最新情報やキャンペーン情報がすぐに確認できるようになります。

一覧に戻る
PAGE TOP