カスタマイズできるバスケユニフォームを低価格、高品質、短納期で作成

  • OFFLIMITS
  • BLOG
  • ネーム入りのバスケユニホームをオーダーしてみよう!

ネーム入りのバスケユニホームをオーダーしてみよう!

バスケのユニホームなど、オーダーウェアにはネームを入れることができる商品があります。お揃いのチームウェアでもネームが入っていれば、まとめて洗濯したりしても取り違えることが無いので安心ですよね!今回はネームを入れる際に気になる疑問点について書いていきたいと思います。


バスケウェアのネームにプリントと刺繍があるのは何故?

バスケのユニホームなどオーダーウェアでは、オプションでプリントもしくは刺繍のネームを入れることができます。プリントになるか刺繍になるかは、商品のプリント方法によって変わります。昇華プリントの場合、ロゴや番号と同時にネームもプリントすることができますが、その他のプリント方法の場合、ロゴや番号の版(シート)以外に更にネームの版(シート)を作らなければならないため、版代が発生してしまいます。そのため刺繍で入れることが一般的となっています。


バスケのユニホームに入れるネームのスペル

バスケのユニホームにネームを入れる際、個人名を英字で表記する場合がありますが、その際よく迷ってしまうのが、英字のスペルですよね。

基本的にパスポートのローマ字表記はヘボン式になっており、国外でも通用する表記になります。ネームのスペルは個人の自由ではありますが、もし悩んでしまった場合はヘボン式で入れるのが良いかもしれません。

悩みやすいスペルとしては、“SI”⇔“SHI”・“TU”⇔“TSU”・“SYU”⇔“SHU”などが多いと思います。上記は全て後者がヘボン式表記となっています。せっかくネーム入りのユニホームをオーダーするのですから、みんなにちゃんと読んでもらえるように作りたいですね♪


バスケのユニホーム規程にネームに関する決まりはあるの?

ユニホームのネームに関する規程では、個人名の他に、都道府県・都市・地域名などを入れることが認められています。表記も英字や漢字、大文字や小文字など、自由に選ぶことができます。(“Tokyo”・“TOKYO”・“東京”など)
また個人名については、コートネームを使用することも認められています。チーム内に同姓同名の選手がいる場合は、ニックネームやコートネームの方が分かりやすかったりしますよね。ただし“姓/名あるいはコートネームなどにチーム内で統一すること”という条件がありますので気を付けてくださいね!

いかがでしたか?
せっかくユニホームをオーダーするなら、個人名を入れて自分だけのオリジナルウェアを作りたいですね!個人名をオプションで入れる場合、メーカーや商品によっては追加料金が発生する場合もありますので、事前にメーカーさんに問い合わせてみてください。


オフリミッツでは、会員登録無しで無料で3Dシミュレーターもお使いいただけますので、是非お試しください。

ユニホームの3Dシミュレーターはこちらから↓


↓リバーシブルウェアやその他の商品はこちらから↓
  


「いいね!」ボタンを押すと、

最新情報やキャンペーン情報がすぐに確認できるようになります。


一覧に戻る
PAGE TOP