カスタマイズできるバスケユニフォームを低価格、高品質、短納期で作成

  • OFFLIMITS
  • BLOG
  • バスケットボールのビブスはサイズを選べるリバーシブルがおすすめ!

バスケットボールのビブスはサイズを選べるリバーシブルがおすすめ!

一般的にバスケットボールのビブスというと、フリーサイズでTシャツなどの上に着用するものを思い浮かべますよね。(ナンバリングやゼッケンと呼ばれたりもします。)しかし最近ではビブスに代わりリバーシブルウェアが主流となっています。今回はリバーシブルウェアの選び方について紹介していきたいと思います。


リバーシブルウェアは自分に合ったサイズを購入できる

バスケットボールの練習で使用するビブスは、学校などが用意しているフリーサイズのタイプが一般的だと思います。一方リバーシブルウェアは個人持ちで購入する場合が多いので、自分にぴったりなサイズのウェアを持つことができるんです。更にロゴや番号をプリントすることも出来るので、自分だけのオリジナルウェアとなります。ぴったりサイズの自分だけのリバーシブルウェアを着用すれば、練習にも気合が入りますよね!


リバーシブルウェア、サイズの注意点

ユニフォームには、“パンツの長さはひざ上までとする。ひざ頭にかかってしまう長さのパンツは、公式大会のユニフォームとしては認められない。”という規程があるので、ユニフォームに関してはパンツ・シャツ共にジャストサイズでのご注文が多くなってきています。ただリバーシブルウェアについては、Tシャツの上から着用するという人も多いですよね。そのような場合は、ユニフォームより大きめサイズでの注文をおすすめします。また同じメーカーでも、商品によりサイズ感が異なる場合もあるので、購入前にそれぞれの商品でサイズサンプルを試着することをおすすめします!多くのバスケットボールメーカーでサイズサンプルの貸し出しを行っていますので、是非利用してみてください!


サイズが合わなかった場合、返品交換ができません

バスケットボールのリバーシブルウェアなど、オーダーウェアの場合、受注生産となるため、工場で生産が開始されてしまうと、キャンセルや返品ができない場合がほとんどだと思います。購入後に届いた商品を着てみて、やっぱりサイズが違った…と気づいても、返品や交換ができません。そうなってから追加注文をかけても追加注文分の料金と再生産の期間が発生してしまい、お金も時間も無駄になってしまいますよね。このような理由からサイズで迷っている方にはサイズサンプルの試着をおすすめしています。


いかがでしたか?

バスケットボールのリバーシブルウェアにはロゴ(チーム名)と番号がプリントできるので、ローカルルールの大会ではユニフォーム代わりに着用可能な場合もあるんです。練習着としてもユニフォームとしても使えるのは便利ですよね!これからビブスの購入を考えている方は、是非リバーシブルウェアを検討してみてください!


オフリミッツでは、会員登録無しで無料で3Dシミュレーターもお使いいただけますので、是非お試しください。

昇華プリントリバーシブルウェアの3Dシミュレーターはこちらから↓


↓圧着プリントリバーシブルウェアやその他の商品はこちらから↓
  


「いいね!」ボタンを押すと、

最新情報やキャンペーン情報がすぐに確認できるようになります。


一覧に戻る
PAGE TOP