カスタマイズできるバスケユニフォームを低価格、高品質、短納期で作成

  • OFFLIMITS
  • BLOG
  • 汗かき男子は要注意!冬のバスケットボールウェア事情

汗かき男子は要注意!冬のバスケットボールウェア事情

冬は夏に比べて汗をかきにくく、また洗濯物が乾きにくいという事情もあるため、洗濯が億劫になるという男性も多いのではないでしょうか?今回はそんな冬のバスケットボールウェア事情について書いていきたいと思います!


バスケットボール男子に人気のウェアの着こなしとは?

男性のバスケットボールウェアの着こなしで多く見られるスタイルのひとつに「重ね着」がありますね。秋~冬~春先にかけての移動の際には、ロンTの上にポロシャツを着用、練習ではロンTの上にTシャツを着用など、様々なシーンで重ね着を活用していると思います。また男子プロバスケットボールのB.LEAGUEの選手でもよく見かけるのが、パワータイツなどと呼ばれるインナーウェアの上にバスパンを重ね着する着こなしですね。インナーには防寒効果だけではなく、血流をよくする効果があり、また吸汗速乾性により汗をすばやく乾燥させるため、身体が冷えるのを防いでくれるんです。寒い時期にはピッタリのアイテムなんですよ!
※OFF LIMITSではインナーの取り扱いはございません。


汗かき男子は注意!冬のバスケットボールアウターウェアの洗濯頻度は?

バスケットボールのプレイ中は寒い時期でも汗をかきますよね。男子のほうが女子よりも発汗量が多い傾向にあると言われています。ただ、ウェアが厚手になる寒い時期は、スポーツ中の汗に限らず、普段の生活の中でも気付かないうちに汗をかいていることが多いんですよ!しかも冬場の汗は夏に比べ濃度が高く、脇部分に集中して汗をかくことが多いようです。冬場は寒いこともあり、一般的に洗濯頻度が減る傾向にあるようですが、せっかく購入したバスケットボールウェアを長く着るためにも、インナーやリバーシブルはもちろん、スウェットやウィンドブレーカーなどのアウターもこまめに洗濯することが大切です!


男性のアウターにおすすめ!バスケットボールウェアの干し方の裏技とは?

冬の時期、曇りの日や雨の日は洗濯をしても、厚手のバスケットボールウェアは乾きにくいですよね。身体が大きい男性のウェアは生地が多いこともあり、尚更かもしれません。そんな厚手のウェアは裏技を駆使して干してみましょう!スウェットなど、脇の下が乾きにくいので、裾側をハンガーにかけ、地面に向かってバンザイするような形で干せば、早く乾くんです。またポケットや縫い目が乾きにくいので、裏返しで干すのがコツですよ!裏返しで干すことによって、表側の生地の色褪せを防ぐこともできるので、一石二鳥ですね♪ こういったウェアに関する小技を取り入れて、一枚上手な洗濯男子を目指しましょう!


いかがでしたか?最後にプロの裏技を一つご紹介します。脱水のときに乾いたバスタオルを1枚一緒に入れると、洗濯物の水分がかなり抜けるそうです。ただ乾いていたバスタオルは湿ってしまいますが…。天気が悪くて洗濯物が乾きにくい日には是非試してみたいですね!



オフリミッツでは、会員登録無しで無料で3Dシミュレーターもお使いいただけますので、是非お試しください。


スウェットの3Dシミュレーターはこちらから→


↓ロンTやウィンドブレーカーはこちら↓
  


「いいね!」ボタンを押すと、

最新情報やキャンペーン情報がすぐに確認できるようになります。


一覧に戻る
PAGE TOP