安価で良質なバスケユニフォームをお求めの方必見ブランド

  • OFFLIMITS
  • BLOG
  • バスケ大会によって、ユニフォームロゴに規程があるので注意しよう。

バスケ大会によって、ユニフォームロゴに規程があるので注意しよう。



文字だけや、イラストだけなど、ユニフォーム規程で定められている箇所に適切なサイズであればチームロゴを自由に作成し、入れることが出来ます。
しかし、出場する大会によってはチームロゴにも規程が存在しますので、ユニフォーム作成時は注意しましょう!


国民体育大会は都道府県代表なので、個人チームロゴは認められていません。





国民体育大会(国体)は、日本体育協会主催で、バスケット以外にも様々な競技で各都道府県の代表選手が出場して大会が行われます。
ユニフォーム規程は通常の規程に加え、ユニフォームロゴを単色の漢字で前胸に都道府県名を表記することが定められています。
都道府県名以外のロゴは認められていません。
また、ユニフォーム以外のトレーニングウェア(Tシャツやウィンドブレーカーなど)も会社名、学校名、クラブ名などが見えないようにしなければいけません。
国体用のユニフォーム、ウェアの作成を考えていたり、出場する場合は注意が必要です!


日本スポーツマスターズはチームロゴを入れられるが、都道府県名は必須です!





日本スポーツマスターズも、日本体育協会主催で、満40歳以上の選手が出場できます。
各都道府県の推薦で、単独チーム、選抜チームのどちらでも出場が可能なので、ユニフォームも国体とは違いチームロゴでの出場が可能です。
しかし、都道府県の代表なので、都道府県名を漢字で表記しなければいけません。
チームロゴ有の場合、都道府県名1文字のサイズは幅5cm、高さ5cmで、都道府県名のみの場合、1文字のサイズは幅7.5cm以上、高さ10cmと、それぞれの場合でサイズの指定もあります。
都道府県名が入っていないと出場出来ませんので、ユニフォーム作成時には注意が必要です。


自分が出場する可能性がある大会の規程は必ずチェックしてからユニフォーム作成しよう。





今回紹介した大会以外にも、大会独自のユニフォーム規程を設けている大会は存在します。
大会ごとの規程に合わせたユニフォームを用意するのは大変で、ユニフォームを販売しているメーカーでも大会ごとのユニフォーム規程は把握していないので、出場する予定や可能性がある大会規程は必ずチェックしてユニフォームを購入するようにしましょう。

オフリミッツでも、大会規定に合わせたチームロゴのご相談はお受けできますので、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから→



バスケットボールウェアメーカー
OFFLIMITS(オフリミッツ)

筆者:funnywing
ミニバスからバスケットボールを始めてプレイヤー歴17年、
高校は全国大会出場の某有名校を卒業。
社会人になった今もクラブチームに所属し、
クラブ選手権で全国大会に出場経験するほどの実力の持ち主。
とにかく休日もバスケ漬けで、プレーはもちろん、
幅広いジャンルの観戦にも行くかなりのバスケ通。



↓スウェットやリバーシブルはこちらから↓
  



一覧に戻る
PAGE TOP