安価で良質なバスケユニフォームをお求めの方必見ブランド

  • OFFLIMITS
  • BLOG
  • プリント方法で選択肢が変わる!バスケットボールのオーダーウェア

プリント方法で選択肢が変わる!バスケットボールのオーダーウェア

バスケットボールウェアはプリント方法によって仕上がりと価格に違いがあることはご存知ですか?せっかくウェアをオーダーするなら、プリント方法の特徴を考慮し、希望通りのデザインに仕上がるようオーダーしたいですね。今回はそれぞれのプリント方法の特徴を紹介していきたいと思います。


圧着と昇華って何が違うの?バスケットボールウェアのプリント方法

バスケットボールのオーダーウェアのプリント方法には種類があり、OFF LIMITSでは主に圧着プリントと昇華プリントの商品を取り扱っています。

圧着プリントは艶のある専用のシートを生地に圧着させる為、光沢感のある仕上がりとなり、生地の表面を触るとシートの凹凸を感じます。圧着プリントのポイントは価格が安価な点となります。

昇華プリントは専用の紙にプリントしたデザインを白生地に転写させる為、インクが生地に染み込んだ状態となり、通気性が良くプリントの劣化の心配もありません。細かいデザインや着心地にこだわる方には昇華プリントをおすすめします。

商品によっては圧着プリントと昇華プリントで選択可能なカラーも違うので、各メーカーのカタログやWEBサイトで確認してみてください!


プリントカラーで差がつく!バスケットボールのウェアデザイン

バスケットボールウェアは同じ本体デザインでもプリントカラーの選択で、全く印象が変わります。特にウィンドブレーカーはジャケットとパンツで別のデザイン・カラーを選択できるので、ジャケットはチームのメインカラー、パンツはセカンドカラーにするなど、変化を持たせることができます!ユニフォームやリバーシブルウェアも、サイドのラインやロゴデザインのプリントカラーを変えるだけで、全く別の印象になります。使用したいカラーが選べるかどうかで、圧着プリントにするか昇華プリントにするか決めてもいいかもしれませんね!オーダー前にシミュレーターでじっくりカスタマイズしてみてください♪



バスケットボールウェアのオーダー、個人名はプリント?それとも刺繍?

バスケットボールのオーダーウェアには、オプションで個人名を入れられる商品があります。個人名には「プリント」と「刺繍」があり、昇華プリントの場合は「プリント」、その他のプリント方法の場合「刺繍」となります。なぜプリントと刺繍の違いがあるのかというと、昇華プリントは専用の紙にデザインをプリントする際、個人名まで含めてプリントすることが可能ですが、その他のプリント方法の場合、各個人名ごとに版を作成する必要があり、版代が発生してしまいます。このような場合刺繍で入れる方が安価ですむため、個人名は「刺繍」となっています。

※ここでワンポイントアドバイス!個人名で気を付けたいのが筆記体の表記です。筆記体は頭文字のみ大文字であとは小文字というのが英文のルールとなっています。全て大文字または全て小文字で表記しても読めることは読めますが、デザイン的には頭文字のみ大文字の方がきれいにまとまりますよ!


いかがでしたか?

プリント方法の選択で、その後の選択肢も変わってきますので、まずは出来上がりのイメージを決めてから、プリント方法を選ぶと良いかもしれませんね!


オフリミッツでは、会員登録無しで無料で3Dシミュレーターもお使いいただけますので、是非お試しください。

ゲームウェアの3Dシミュレーターはこちらから→


↓ウィンドブレーカーやスウェット、その他の商品はこちらから↓
  


「いいね!」ボタンを押すと、

最新情報やキャンペーン情報がすぐに確認できるようになります。


一覧に戻る
PAGE TOP