安価で良質なバスケユニフォームをお求めの方必見ブランド

  • OFFLIMITS
  • BLOG
  • バスケウェアはメンズ・レディース以外にも選択肢あり!

バスケウェアはメンズ・レディース以外にも選択肢あり!

バスケウェアの練習着や移動着は、男女兼用(ユニセックス)の商品がほとんどですが、ユニフォームにはメンズ・レディースなど種類があり、好きなタイプを選択することができます。
今回はユニフォームの種類についての疑問や、素材などについて書いていきたいと思います。


メンズ・レディース以外にも選択肢が!バスケウェアは目的別で選んで!

バスケウェアには様々な商品がありますが、代表的なものにユニフォームがありますね。ユニフォームは大会で着用するゲームウェアと、練習試合などで着用するリバーシブルウェアとに分かれていて、どちらのウェアもパンツは男女兼用(ユニセックス)の場合がほとんどです。ところがシャツにはメンズ・レディースなど種類があり、お好きな型を選ぶことができるんです!
OFF LIMITSのゲームウェアは、カットスリーブ(メンズタイプ)と、主に女性向けのレディースタイプがあります。そしてリバーシブルウェアには丸首タイプとVネックタイプがあり、丸首タイプにはカットスリーブ・レディースに加え、タンクトップタイプもあります♪
Vネックタイプは襟付きで、見た目にはゲームウェアとあまり差がないデザインとなっています。ではゲームウェアとVネックリバーシブルウェアはどこが違うのでしょうか?次の見出しで具体的に説明していきたいと思います。


バスケ大会で見ない理由とは?リバーシブルウェアもメンズ・レディースがあるのに…

Vネックリバーシブルウェアには、ゲームウェア同様、カットスリーブ(メンズタイプ)とレディースタイプの2種類があり、一見ゲームウェアとの違いはほとんどありません。では何故公式戦ではリバーシブルウェアをあまり見かけないのでしょう?
リバーシブルウェアは表側・裏側どちらでも着用できるよう、リバーシブルメッシュ生地が二重になっています。その点ゲームウェアは吸汗速乾素材の、より通気性の良い素材が使用されています。そのうえ生地が一重の作りなので、リバーシブルウェアに比べ快適にプレーできます。
また日本バスケットボール協会の「ユニフォーム規程」には※1“各チーム,淡色と濃色の2種類以上のシャツを用意しなければならない。”と明記されており、淡色・濃色で同じウェアを使用することができません。たとえVネックリバーシブルウェアの表側・裏側で淡色・濃色のデザインをしても、別でもう1着用意しなくてはいけないのです!
このような理由から、公式戦では多くのチームがリバーシブルウェアではなく、ゲームウェアを着用しているんです。
ただしローカルルールの大会では、リバーシブルウェアで出場可能な大会も多いので、出場予定の大会主催者様に確認してみてくださいね
※1:2018年の改訂で「
各チームは、淡色と濃色の2セット以上のシャツを用意しておかなければならない。」という文言に変更になっています。


メンズにぴったりの素材!バスケウェアは「吸汗速乾素材」がおすすめ!

最近のバスケウェアは、フィット型のユニフォームが登場するなど、進化を遂げています。また上の見出しでも素材について少し触れましたが、デザイン面だけではなく素材も進化しており、ほとんどのメーカーの商品は、ユニフォームはもちろん、Tシャツなどの練習着もポリエステルを使用した吸汗速乾素材」となっています。
※「吸汗速乾素材」=生地の内側が汗を素早く吸収し、外側では水分を発散させる機能を持つ素材のこと。
ポリエステルの特徴としてこの吸汗速乾以外にも、シワになりにくいというメリットがあり、アイロンがけの必要がないため扱いやすく、メンズにもおすすめのアイテムとなっております。ユニフォームや練習着を購入する際は、種類やサイズだけではなく素材に注目して選んでみてはいかがでしょうか?


オフリミッツでは、会員登録無しで無料で3Dシミュレーターもお使いいただけますので、是非お試しください。

昇華プリントゲームウェアの3Dシミュレーターはこちらから→


↓Vネックリバーシブルやその他の商品はこちらから↓
  


「いいね!」ボタンを押すと、

最新情報やキャンペーン情報がすぐに確認できるようになります。


一覧に戻る
PAGE TOP